日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • ENGLISH
  • よくある質問
  • お問い合せ

人間ドック健診施設機能評価

本事業について

当事業は、健康寿命の延伸を人間ドック健診の社会的使命と考えて平成16年(2004)に開始しました。

以来、1.治療医学とは異なる予防医療の実践、2.受診者本人の取り組みと生活の重視、3.教育の重要性を審査の中核的価値観として培ってまいりました。

平成28年(2016)にはこれまでの取り組みを踏まえて、委員会の理念と運営方針を掲げました。

審査に際しては問題箇所の指摘に終わらず、認定施設が地域における予防医療のリーダー的存在として活動することを期待し、その育成に努めています

これらの価値観を発展させて、社会的要請に応える評価事業を目指したいと考えています。

 

人間ドック健診施設機能評価委員会

理 念

1.予防医療の実践と確立を目指す

疾病治療とは異なる予防医療の実践を通じて、保健・医療における人間ドック健診の役割を確立する

1)生活習慣を重視した健康診査安全で効果的ながん検診の実施
2)日常診療を支え地域医療への貢献を目指す

2.人間ドック健診施設の育成と受診対象者の啓発を図る

予防医療の重要性に鑑み施設と未受診者への働き掛けを強化する

1)人間ドック健診施設にする質向上と認定施設の増大
2)受診対象者への人間ドック健診の理解推進と受診拡大

運営方針

1.受診者利益の確保

受診者利益の確保を優先させた人間ドック健診を実施する 

2.施設・組織の質向上

人間ドック健診の質は施設・組織に大きく依存することから、質向上には方針の確立や体制構築、職員教育、情報共有などの観点からその整備に努めることが重要

3. 年間計画に基づく計画的・継続的な施設運営

活動を年度毎に記録・総括し、次年度事業に反映させて質向上を図る

4.地域医療、企業の健康管理、保険者ニーズへ対応する

受診者の置かれた状況や環境を踏まえてその関係者ニーズに応える

 

受審について

 

 

PAGE TOP