日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • ENGLISH
  • よくある質問
  • お問い合せ

遺伝学的検査アドバイザー

更新について

目 的

日々進歩する遺伝医学を予防医学に取り入れて、質の高い予防医学の構築に貢献していくためには、最新知識の向上を図ることが重要であり、そのための認定資格の更新をする。

資 格

1. 更新時に遺伝学的検査アドバイザーの資格を所持していること
2. 更新に必要な所定の講義を受講したもの(認定の翌年度より5年間の間に2回研修会等を受講)
3. 日本人間ドック学会の会員であること(個人・施設)

上記を全て満たし、遺伝学的検査検討委員会が更新対象者として承認した者。

更新の提出書類

提出書類は次の通りとする。
1. 更新申請書
2. 研修会受講参加証明書

更新申請期間

申請期間は1月1日~3月末日とする。

更新認定期間

申請年の4月1日より5年間とする。

更新料等

更新認定料:5,000円
 ※振込用紙は、更新認定証に同封する。

付 記

・更新に必要な研修会の受講料は、別途料金を頂戴します。

・認定後5年経過しないと更新できません。(繰り上げ更新不可)

・更新認定料5,000円を委員会が定めた期限内に入金確認ができない場合については、
 委員会は資格を取り消し、認定証の返還を要求することがある。

・医道審議会等で行政処分をされるなど、予防医学・遺伝学的検査アドバイザーとして
 社会常識に著しく反した事実があった者については、委員会が認定を取り消し、
 認定証の返還を要求することがある。

遺伝学的検査アドバイザー メニューに戻る ≫

PAGE TOP