日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • ENGLISH
  • よくある質問
  • お問い合せ

聴力

主に、1000Hz(低音域)と4000Hz(高音域)の聴力を調べます。

≫このページを印刷する

検査の内容

1000Hzと4000Hzの音が小さくても聞こえるかを調べます。

検査当日の注意

説明する医師と患者難聴の中には、長年、騒音にさらされたために起きることもあります。そんな環境にある場合には医師に伝えましょう。

検査でわかること

数字で表記される場合、1000Hzでは30dB(デシベル)以下、4000Hzでは30dB以下であれば異常なしです。
dBとは音圧の単位です。
あるいは次の用語で表記していることもあります。
「所見なし」とは聞こえたという結果です。
「所見あり」とは聞こえていないと言う結果です。

  基準範囲 要注意 異常
1000Hz 30以下 35 40以上
4000Hz 30以下 35 40以上

(単位 dB デシベル)

年齢とともに4000Hzの聴力は低下しますので、高齢者では40dB程度聞こえれば異常なしと判定されることもあります。

PAGE TOP