日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • ENGLISH
  • よくある質問
  • お問い合せ

学会名称変更に関する意見公募(会員限定)

「学会名称変更」に関する意見公募について

2020年10月1日(木)

学会名称変更に関する意見公募のお知らせ

                                                定款変更試案作成委員会
委員長 那須 繁

 学会誌35巻2号の巻頭言にて、相澤理事長の就任挨拶として述べられていますように、理事会におきましては、定款変更、および選挙制度改革に取り組むことを決議し、現在討議を進めております。学会運営の基本となる活動目的につきましては、学会活動の実情と社会からの期待を踏まえ、「人間ドックに限ることなく、健診事業、さらにはそれに伴う予防医療に関わる事業の普及発展と質の向上に寄与する」といたしました。それに伴い、定款第1条(学会名)、第3条(目的)の変更案を次年度社員総会に提案する予定にしております。

 人間ドックは、60年前学会発足当時は我が国で唯一無二の健診でしたが、その後、生活習慣病予防健診、労安法にもとづく検診、市区町村がん検診、特定健診特定保健指導など健(検)診事業は多様化し、国民に幅広く普及するに至りました。当学会における活動の歴史をみましても、人間ドックに固守することなく、時代のニーズに柔軟に対応し、健診事業の質の向上と発展に寄与してまいりました。しかしながら、これからの時代に直面する人口減少社会におきましては、健康寿命の延伸や健康格差が国家的課題となり、多様な分野の英知を結集した予防医学の発展と予防医療の充実が喫緊の課題と考えられます。

 今回、社会から期待される活動を幅広く表現する名称に変更し、1人でも多くの医療人や研究者、1施設でも多くの健診・医療機関の関心を得て、活動をともにすることで、当学会が健診・予防医療領域のトップリーダーとしてさらなる発展を遂げることを目指したいと考えています。

 つきましては、会員各位から学会名変更案を幅広く募集いたします。何卒、学会名変更の趣旨をご理解の上、学会名変更案のご提案をお願い申し上げます。

 

【募集期間・提出方法】

期  間:2020年10月1日(木)~10月31日(土)

提出方法:こちらからご入力いただくか、メールもしくは FAX により下記まで学会名変更案を送付願います。所属、氏名、会員番号 の記載のあったもののみ委員会に送付いたします。尚、個人情報は公表いたしません。

提 出 先:メール name@ningen-dock.jp  /  FAX 03-3265-0083

 

【今後の予定】

ご意見を参考に今年度理事会にて討議し、来年6月開催の社員総会に提案いたします。

お問合せ
公益社団法人日本人間ドック学会
事務局 担当 岩澤
電話:03-3265-0079 / FAX:03-3265-0083

PAGE TOP