日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • ENGLISH
  • よくある質問
  • お問い合せ

呼吸機能検査

≫このページを印刷する

呼吸機能検査

検査の内容

呼吸機能検査のイメージ大きく息を吸ったり吐いたりして、肺の機能を評価する検査です。
正確に調べるために、精一杯吸ったり吐いたりしなくてはなりません。

検査でわかること

年齢、性別、身長から算出された予測肺活量に対して、あなたの肺活量が何%であるかを調べます(%肺活量という)。

80.0%以上が基準範囲です。79.9%以下では肺のふくらみが悪いことを意味し、間質性肺炎(かんしつせいはいえん)や肺線維症(はいせんいしょう)などが考えられます。

基準範囲 異常
80.0以上 79.9以下

(単位 %)

また、最大に息を吸い込んでから一気に吐き出すとき、最初の1秒間に何%の息を吐きだせるかを調べます(1秒率という)。

69.9%以下では慢性気管支炎、肺気腫(はいきしゅ)などの慢性閉塞性肺疾患が考えられます。

基準範囲 異常
70.0以上 69.9以下

(単位 %)

検査に関わる疾患

慢性閉塞性疾患
肺気腫、慢性気管支炎などの肺の疾患です。
せき、たん、呼吸困難などの症状がみられます。
主な原因として喫煙があります。
進行すると在宅酸素療法が必要となります。

PAGE TOP