日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • ENGLISH
  • よくある質問
  • お問い合せ

オプション検査:乳線

主に、乳房触診と乳房エックス線(マンモグラフィー)によって調べます。

≫このページを印刷する

乳房触診

検査の内容

婦人科医と問診風景乳房の皮膚に変化があるか、さわってみてしこりがあるか、乳首から異常分泌物がないかなどをみます。

検査でわかること

以下の疾患が疑われます。

乳腺腫瘤 乳房にふれた腫瘤(しこり)は腫瘍の可能性もあり、良性か悪性かを判断するために画像検査で調べる必要があります。
乳腺症 乳房に腺増生と萎縮をきたす良性の病変です。境界が不鮮明で不規則な乳腺がふれます。真の腫瘤との鑑別のため、画像検査が追加されることもあります。

 

乳房エックス線(マンモグラフィー)

検査の内容

乳房の病変をX線(マンモグラフィー)をつかって調べます。
病変がある場合、良性か悪性かの判断の指針となります。

検査の注意

X線を心配する妊婦さんX線をつかうので、妊娠中の人には適しません。妊娠の可能性がある人も必ず申し出てください。
乳房を圧迫装置ではさんで撮影するため、多少の痛みがあります。乳房の小さい人のほうが痛みがあるようです。

検査でわかること

画像検査では、カテゴリーの1~5に分類されます。

多くの場合、カテゴリー3では経過観察か精密検査、4・5では精密検査が必要となります。

カテゴリー1 異常ありません。
カテゴリー2 石灰化した繊維腺腫、乳管拡張症などによる多発石灰化、脂肪腫、乳房内リンパ節、豊胸手術による影響など、明らかに良性と診断できる所見です。
カテゴリー3 良性の可能性が高いが、悪性の可能性も否定できない場合です。超音波検査などの追加検査が必要です。
カテゴリー4 悪性の疑いがあります。悪性の可能性が高い病変で、他の検査が必要になります。
カテゴリー5 ほぼ乳がんと考えてよい病変があります。さらなる検査が必要です。

PAGE TOP