日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • ENGLISH
  • よくある質問
  • お問い合せ

オプション検査:C型肝炎

≫このページを印刷する

検査の内容

血液中のHCV抗体の有無を調べます。C型肝炎ウィルスに感染すると、体内にHCV抗体ができます。ただしこの抗体があるからといってC型肝炎ウィルスの感染に対する免疫ができているとは限りません。

検査でわかること

これまでにC型肝炎ウィルスに感染したかがわかります。

陰性なら感染は否定されます。

ただし、C型肝炎は感染から1~3ヶ月ほど経過しないと陽性反応となりません。感染直後にしても陰性となります。

HCV抗体検査が陽性の場合は、これまでにC型肝炎ウィルスに感染したことを意味します。

この検査が陽性でAST、ALTの値が高い場合、C型肝炎の可能性が高いといえます。

現在、体内にウィルスが存在するかどうかはHCV-RNA定性検査で確認します。

PAGE TOP