日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • よくある質問
  • お問い合せ

総合評価・領域別評価

伊南行政組合 昭和伊南総合病院

総合評価

 昭和伊南総合病院・健診センターは、組合立の病院併設型健診施設として、平成17年に開設した。南アルプスと中央アルプスを望む長野県南部、駒ヶ根市に位置しており、地域のニーズに応じて、人間ドックの他生活習慣病予防健診や企業健診等を実施している。
 年間の受診者は一日ドックが約3,400人、二日ドックが約600人(継続受診率81.1%)、その他健診が約5,700人である。本機能評価は新規での受審である。
 運営の基本体制の面では、規定類やマニュアルが整備され、病院の一元管理の運用に沿っている。今後は健診センターとして、倫理委員会への参加や情報システムの運用、また委託業務の選定基準に関しての検討を望む。企業や地域住民に対しては、広報紙「ほほえみ」やホームページ、病院祭りなどを通して情報提供が行われている。
 受診者の満足と安心に関しては、早朝から2列で時間差受付を実施しているが、受診者間に仕切りがない。用紙に印字された氏名、生年月日を指さし確認し、個人情報が聞こえることはないが、更なる配慮が望まれる。健診前に保健師が検査の注意点を説明しており、適切である。一部病院で実施される検査では、担当者の表示がないので検討を要する。
 プライバシーに関しては、採尿コップの氏名が見える形で回収されていたが、今回の受審を機に改善された。受診者の要望についてはセンター会議で対応され、改善事例もある。セーフティーマネージメントおよび感染対策の体制は確立している。
 健診の質の面では、人間ドック健診専門医が専任で勤務し、各専門医を揃えて結果説明も全員に実施されている。しかし1名の医師のみで診察と画像の一次読影、結果説明に対応しており、検討の余地がある。保健師や看護師による保健指導も全受診者に実施されており、評価できる。
 要精検指示者へのフォローアップについては、精度管理システムを利用して実施している。追跡検査が必要な受診者へのフォローは、平成28年度より本格的な運用が開始されており、継続的な運用を望む。健診の有用性については、学会調査への参加、人間ドック学会への発表や論文が行われているが、積極的な参加を期待する。
 総合的な見地から、人間ドック健診施設機能評価認定に値すると判断する。 

領域別評価

1.施設運営のための基本的体制

 センター独自の理念と基本方針が確立され、受付や診察室に掲示されており、見直しの仕組みもある。就業規則や職業倫理については、伊南組合例規集に制定されているが、今後はセンターからも病院の倫理委員会に参加し、規定に反する行為を相談する仕組みの検討が必要である。受診者の権利はホームページにて明文化されている。フイルムの貸し出しについては適切である。中長期の事業計画が作成され、病院の長期計画にも参画しており、人的資源と設備投資を強化し、受け入れ体制の増加を目指している。
 実態に即した組織図と会議、病院の委員会一覧が作成され、センターからの参加も明示されており、見直しの仕組みもある。健診センター会議の他、看護部門会議や事務、看護部、検査科などの三者会議も開催されており評価できる。健診料金の収受と会計処理は病院主体ではあるが、マニュアルに沿って適正に処理されている。
 情報システムは、病院システム課が管理しており、今後センターとしての関与の検討を望む。IDとパスワードを全員へ付与して60日毎に変更しており、サーバーの保管場所は施錠管理され、入退室記録もあり適切である。
 委託業務についての選定基準と評価は病院が管理しており、センターとして業務内容の適正を判断するように改善を期待する。診療材料は病院のSPD管理システムで管理し、薬剤についても看護部門が適切に管理運用している。
 安全衛生管理については、病院の委員会にセンター長が参加しており、職員の健康診断や健診センター独自の火災訓練だけでなく、地震発生時の対応訓練などが実施されており、評価できる。感染性廃棄物の処理では、現地視察も実施されており、最終保管場所も適切である。個人情報関連書類の廃棄も適切である。
 企業や健保組合との契約は適切で、広報紙「ほほえみ」や病院祭等への参加により、地域住民への情報提供がなされている。

2.受診者の満足と安心

 利便性では、毎週金曜日にレディースデイを実施し、乳がん検診は毎日実施している。また、マンモグラフィは女性技師が対応している。事前に送付される受診案内書はわかりやすく適切である。
 受付は2列で午前7時30分から時間差で実施されているが、受診者間の仕切りがなく、検討が望まれる。受付手順や健診中の質問に対応するマニュアルは整備されている。また、問診の際に保健師が検査の注意点を説明しており、受診者のアレルギー歴等の情報は確認されている。
 検査の担当者は名札を着用し、診察室と検査室では担当者名が明確に表示されている。但し、病院で実施されている胸部X線や内視鏡検査では、検査室に担当者の表示がなく検討が望まれる。
 健診施設は清潔で、待合ホールには禁煙推奨模型や脂肪模型、清涼飲料水の糖分量のモデルなどが展示されていている。各ロッカーには寒い時に使う羽織が用意されている。スリッパは職員による消毒の後に再使用されているが、使用後のスリッパの回収方法や消毒後の表示、置き場所等が不明瞭であり検討を要する。
 プライバシーに関しては、呼び出しはすべてロッカー番号で行い、検査室に入ってから名前を確認している。検査室と指導室は個別に仕切られている。採尿コップに貼付された名前が他の受診者から見えていたが、今回の受審を機に検体が見えないように改善された。検査結果の取り扱いについては、伊南行政組合の個人情報保護条例を遵守して配慮されている。
 検体検査の内部、外部精度管理は適切である。検査機器の管理では業務マニュアルやトラブル発生時の対応マニュアルが整備されている。
 以前は投書箱を1か所に設置していたが、更衣室に移動し2か所に設置した。二日ドック受診者には毎日アンケートを実施しているが、一日ドック受診者にも実施するとなおよい。受診者の要望については健診センター会議が対応する事になっており、改善事例もある。業務改善では看護部が主体となって継続的に取り組んでおり、評価できる。
 セーフティーマネージメントでは、事故やインシデントが報告され、再発防止が図られており、急変時の対応マニュアルも整備されている。感染対策の体制は確立しており、職員への予防接種も適切に行われている。

3.人間ドック健診の質の確保

 職員体制については、人間ドック認定医が専任で勤務し、そのほか各専門医も従事している。診察と画像の一次読影、結果説明を1名の医師のみで対応しており、業務が過重である事が予想され、改善の余地がある。看護師や臨床検査技師等の医療職、事務職の体制は整っており、それぞれ専門資格が取得され業務は円滑に行われている。職員教育は年間教育計画に従って研修会が開催されており、各職種が学会等に参加できる規定があり、体制が確立している。
 検査項目は適切であり、健診センター会議で検査項目の見直しも定期的に行われている。心電図と眼底写真は後日専門医が判定しており、画像検査はダブルチェック体制であり、判定基準は学会の判定基準に準拠している。
 当日の医師による結果説明は、診察と一緒に全受診者に実施している。保健指導では、受診者の個別性を尊重して、日常生活に取り込めるような工夫がなされている。
 健診後の対応では、健診結果についての質問や相談のマニュアルが作成され、2名の担当者を中心に対応している。相談記録はあるものの、改善事例がなく今後の積極的な取り組みが望まれる。
 精検のフォローアップについてはマニュアルが作成され、精検指示者へは検査依頼書を報告書に同封して受診勧奨を行っている。精検指示率と実施率は共に適切で、その結果は精度管理システムで管理され、次年度に活用されている。
 生活習慣病の追跡調査についても担当者がおり、マニュアルが作成され、精検のフォローと同じシステムを用いて平成28年度より本格的に運用されている。継続的な実施を期待する。
 健診の有用性については、事例検討が行われているものの、健診結果の詳細な分析は行われていない。学会への発表や論文は、さらなる積極的な参加を期待する。

<<<機能評価認定施設一覧へ戻る

PAGE TOP