日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • よくある質問
  • お問い合せ

総合評価・領域別評価

大分県厚生連 健康管理センター

総合評価

 大分県厚生連健康管理センターは、昭和50年に開設し40年以上にわたって地域の健康増進に寄与している。隣接の急性期病院である鶴見病院は、がん治療高度機能病院、救急病院、生活習慣病の専門病院としても機能し、当センターを含み地域包括ケアシステムの実践に大きく貢献している。二次健診や治療面で強い連携を図り、人的交流による専門職の資質向上も図られている。
 年間の受診者数は、一日ドック約11,000人、二日ドック約1,400人(継続受診率90.8%)、その他の健診が約31,000人であり、巡回健診も1万人程行っている。
 本機能評価は平成19年に初回認定を受け、今回は2回目の更新である。前回の受審から、がん検診精度検討委員会の開催など体制の充実が図られている。
 運営の基本的体制については、運営方針や規定類が整備され、コンプライアンスの重要性も認識されている。事業計画は厚生連本部も関与し、健全経営に努力している。情報システムや委託業務等の管理体制も厚生連本部主体で確立している。健保組合などへの情報提供も行われているが、重責な健診活動の視点から、地域住民や受診者を対象としたセンター独自のセミナーや健康教室も開催されると大きく地域貢献されると思われる。
 受診者の満足と安心の面では、女性技師による検査など女性受診者にも受診しやすい配慮がなされ、受付や検査時の対応も良好である。エスコート17名を配置し、現場の流れを把握しながら効率よく各検査に誘導している。受診者の既往歴や治療歴などの情報を把握して安全な検査に配慮し、次年度の健診にも活用している。宿泊室の環境も良く、温泉地を活かした展望浴室の利用は評価できる。
 健診の質の面では、実態に応じたスタッフ体制が整備され、職員教育は必要な研修に加え、専門職としての質向上にも努力されている。検査項目は、人間ドック学会の提示項目の実施に向け再考されたい。ダブルチェックや専門医による判定が行われ、健診結果は保管され、コンピュータ画面で経時的経過が容易に確認できる。結果報告書は、画像検査等が当年分のみであり、今後様式の変更も予定されており、経時的変化の記載は受診者の視点にも立ち検討を望む。
 結果は健診当日に医師と保健師がペアで説明しており、良好に対応している。保健指導も行われ、質問・相談にも丁寧に応じている。がん検診の精密検査のフォローアップは、きめ細やかに対応している。生活習慣病の追跡検査の体制は、今回の受審を機に整備された。健診結果は詳細にまとめられ、学会発表も積極的であり評価できるが、人間ドック学会への発表も期待したい。
 総合的な見地から、人間ドック健診施設機能評価の認定に値すると判断する。 

領域別評価

1.施設運営のための基本的体制

 併設病院の理念と5項目の行動指針を示し、ホームページや施設内に掲示している。受診者の権利も明記し対応している。掲示場所の工夫や結果報告書等への記載もあるとより良い。規則類は厚生連本部で管理され、職業倫理は守秘義務などを明記して全職員に配付され、体制は確立している。
 3ヶ年の事業計画とそれに基づいた年度計画が厚生連でまとめられ、健康管理センターについても記載されている。年度決算による事業報告も行われている。
 組織図は厚生連の規程に則り作成され、センターの構成も明記されており、部課長会議がセンターの意思決定の機能を担っている。会議体の実態を示す組織図があると、より理解し易い。財務処理は適切で、会計処理は厚生連本部が対応し、センターでも把握され、決算の実態と合わせて組織的に分析・検討している。
 情報システム管理は厚生連本部が一括で行い、担当者も明確である。ID・パスワードは3ヶ月更新が義務付けられており、トラブル発生時の対応や個人情報の管理は良好である。委託契約も厚生連本部が締結し、業者選定は本部と共に組織的に決定している。単年度契約が主であり、業務評価に基づき更新している。薬剤や診療材料は関係部署が管理し、棚卸しは年4回実施され、在庫調整や使用期限の確認なども行われ、内部牽制機能は認識されている。
 安全衛生管理体制については、委員会が機能し、職員の健診が行われ、メンタルヘルスへの対応も良好である。防火避難訓練が行われ、併設病院と共に体制を構築している。廃棄物の処理も適切で、最終保管場所は併設病院内にある。
 企業や健保組合との関係は良好である。併設病院が行う「病院祭」(毎年実施、地域住民4,000人程が参加)では健診コーナーを設け、病院の広報誌では健診実績などを周知している。市町村や企業・健保組合の担当者と年1回のミーティングを開催し、情報交換の取り組みは評価できる。

2.受診者の満足と安心

 県下17市町村と個別契約を締結し、受診者の費用軽減に努め、受診しやすいよう配慮している。マンモグラフィや超音波、心電図は女性技師が対応し、女性受診者への配慮もなされている。受診案内書は分かり易い。
 受付の対応は良好で、検査開始前に一日の流れや注意点を説明している。体調不良時の対応を定め、十分なスペースを確保し、検査の担当者を表示して全職員は名札着用であるなど、安心して受診できる体制が整備されている。
 受診環境は、敷地内禁煙を徹底し、清潔で明るい空間を確保している。宿泊環境も良好で、夫婦での宿泊も可能である。食事はメニュー作成に管理栄養士が関与し、受診者から好評を得ている。温泉地の特徴を活かして4階にかけ流しの展望浴室を設置し、待ち時間に利用できる工夫は評価できる。
 プライバシー面では、殆どの検査は個別に仕切られている。今回の受審を機に、内視鏡検査の回復場所が周囲から見えないようカーテンが設置された。また、採尿コップには蓋がつけられ、検体が他の受診者から見えないように改善された。コップの提出は窓口から手渡しであり、継続的に配慮を期待する。検査結果の問い合わせは、マニュアル・規定に基づき対応している。
 検査の業務マニュアルは作成され、内部・外部精度管理が行われている。生理検査や超音波検査などもマニュアルに基づき実施され、機器の保守は問題なく、管理体制は確立している。
 業務改善の体制については、意見箱を設置し、年2回の満足度調査を実施して受診者の意見を把握している。月1回のセンターサービス委員会で検討し改善に取り組んでいるが、次年度に繋がる分析や改善に至るとより良い。
 セーフティーマネージメントについては、リスクマネージャー委員会が機能し、インシデント・アクシデント報告を検討している。急変時の対応も整備されている。感染対策は、年2回の研修会を開催し、マニュアルが周知され、インフルエンザワクチンの接種など職員の感染防止にも努めている。

3.人間ドック健診の質の確保

 医師の体制は、副センター長が人間ドック健診専門医であり、診察や結果説明に従事している。認定内科医など多くの専門医が関与し、大分大学と連携が図られ体制は確立している。看護職や技師などの医療職は専門資格を取得し、人間ドックアドバイザーも取得されている。
 職員の教育体制は、センターと併設病院等が合同で基本的な課題の研修を実施し、ビデオ研修など受講しやすい環境にも配慮している。今後は出席率を把握すると実態がより明確となる。各職種の専門的教育は、院外研修への参加により質向上を図っている。院外研修は予算配分され計画的に実施されている。
 検査項目は、判定変更会議で見直されているが、平成24年度からの開催がなく、定期開催を期待する。また、呼吸機能検査にて%1秒量の項目や判定基準が無い点や、総合判定の適用範囲にも更なる検討を望む。画像の判定は、放射線科医とのダブルチェック機能があり、心電図は循環器専門医が関与している。眼底は熟練の医師が読影しているが、眼科医の関与が課題である。
 健診当日の結果説明は、ほぼ全ての検査結果を網羅し、結果票を当日交付している点は高く評価する。一日ドックでの更なる実施率向上に期待する。医師と保健師がペアで面談しており、説明と同時に指導が的確に行われている。詳細な指導は後から実施され、保健師が保健指導や運動指導を、管理栄養士が栄養指導を行っている。今後、指導実績の把握や記録の充実に更なる対応を望む。
 健診後のフォローアップについては、受診者からの質問や相談に対応し、マニュアルに手順も明記されている。要精密検査の指示率、受診率は適切であり、未返信者には手紙や電話による受診勧奨を積極的に実施している。精密検査や治療の結果は、次回受診時に加え、演題発表にも活用されている。今回の受審を機に、生活習慣病の追跡検査体制が構築され、判定基準やマニュアルの整備が図られた。運用も適切になされているため、継続的な取り組みに期待する。状況に応じて紹介がなされ、がん検診では県下の協力医療機関が一覧表でまとめられているが、連携機関との特別な情報交換は行われていない。
 健診の有用性の検討については、受診者数や総合判定の実績、精検指示率などを事業報告書に詳細にまとめ、関係機関に配付している。がん検診精度管理委員会を年2回開催し、各科の専門医も参加し実績を評価している。また、人間ドック学会の調査にも協力している。学会発表は積極的であるが、人間ドック学会への発表は無く、更なる活動を期待したい。

<<<機能評価認定施設一覧へ戻る

PAGE TOP