日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • よくある質問
  • お問い合せ

総合評価・領域別評価

医療法人社団普照会 井上記念病院

総合評価

 井上記念病院・健康管理センターは、千葉市中央区にある病院併設の健診施設で、建物の3階ワンフロアを占有して健診業務を行っている。
 年間の受診者数は、一日ドック約2,000人、二日ドック約360人(継続受診率74.0%)、その他健診は約26,000人(うち約5,000人が基本検査項目を満たさない独自の人間ドックコース)である。本機能評価は平成17年に初回認定を受け、今回は2回目の更新審査である。
 施設の理念・基本方針・受診者の権利等は明確にされており、管理体制や組織も整っている。定期的に運営会議を開催し、運営管理、感染対策や事故防止など安全対策、またサービス向上などの健診の質の向上に取り組んでいる。各種規程は整備され、関係法令も遵守されており、職員の教育も徹底されている。
 受診者の満足と安心については、適切な配慮の見られる施設である。検査は独立したワンフロアで運営されており、検査室は個室化されプライバシーに配慮したレイアウトであるが、オープンスペースでの検査は継続的な検討を期待する。受診者の流れが把握できる仕組みになっており、受診者動線はスムーズである。検査の効率化や待ち時間の短縮にも積極的に取り組んでいる。
 健診当日の医師の結果説明については、検体検査のスタッフを増員するなど施設一丸となって実施率向上に取り組んでおり、約80%の受診者に結果説明が実施されている。
 保健指導については前回受審時の指摘と同様に、運動・栄養・保健指導に関わるスタッフの充実が必要である。受診後のフォローアップについては、取り組みは行われているので、今後は受診経過の把握体制を整備し、更なる実施率の向上に向けて工夫されたい。今回体制が整備された結果説明、また保健指導も活用し、当日の受診勧奨から後日の受診や生活改善に繋げる仕組みづくりを期待する。
 総合的な見地から、人間ドック健診施設機能評価の認定(更新)に値すると判断する。 

領域別評価

1.施設運営のための基本的体制

 理念・基本方針・受診者の権利と責任は明文化されている。ホームページや施設内に掲示され、受診者や職員に周知されており、見直す仕組みも確立されている。倫理規定やその他の規定についても具体的に防止規定を定めている。就業規則など必要な規程類は詳細に作成されており、適切な運用が図られている。
 事業計画と中長期計画も作成され、毎月の運営会議で進捗状況を報告し、職員への開示を行っている。従来、病院決算と合算で行っていた決算報告も、今期より健診単体での決算報告が可能となり、よりきめ細かい財務分析や効率的な諸施策が実施されるようになった。
 病院及び健診部門で組織図が作成され、会議体系は明確で機能している。財務処理についても、料金の収納及び会計は適切で、会議やミーティングで報告されている。
 情報管理は担当者が定められ、個別のアクセス制限や入退出記録により、個人情報保護の遵守に努めている。委託業者の選定と管理は適正に管理されており、1年ごとに見直しを行う仕組みがある。薬剤や診療材料は適正在庫量を算出し、院内医薬品管理簿にて管理、発注を行うなど管理体制は適正である。
 法令に基づく安全管理体制は確立しており、年1回の法定健診を常勤と非常勤の全職員に実施し、防火避難訓練も実施している。感染性廃棄物や個人情報関連の廃棄物処理なども適切である。
 健保組合と契約企業との関係については、担当者も明確で、適切に契約が締結されている。地域住民に対しても病院と一体でセミナーを開き、啓発活動を行っている。

2.受診者の満足と安心

 乳がん・子宮がん検診は毎日実施されており、検査は女性技師が対応し、可能な限り女性医師が婦人科健診を行うなど、女性受診者への配慮がなされている。受診案内書等も適切である。
 受付開始の30分前から順番札を配布し、スムーズな受付に努めている。受付手順や検査開始時の対応マニュアルは整備され、誰でも同様の対応ができる仕組みがある。コーディネーターが1名フロアに配置され、検査誘導は柔軟に対応している。前回の健診受診時の情報は、病院と共通の電子カルテシステムで管理されており、事前に確認されている。
 空調は全館で適切に管理されている。受診者が十分くつろげる広さのラウンジがあり、清掃も行き届いている。施設内は全面禁煙となっているが、積極的な禁煙啓発活動は確認できなかった。待ち時間対策として平成26年8月から眼科医による無料の「目の健康相談」を開始しており、独自の工夫が見られる。
 プライバシーへの配慮については、呼び出しは番号で行われ、診察室・検査室は個室である。一方、計測・採血はひとつの検査室で行われているが、採血場所は長机に小さな衝立のみである等、周囲からの視界や声漏れに対して更なる配慮が必要な点も見受けられる。
 検体検査の業務マニュアルは病院と共通で整備されており、内部精度管理が実施され、外部精度管理サーベイも高評価を受けている。検査機器の管理は業務マニュアルが整備されており、トラブル対応も適切に行われている。
 受診者の声は、エレベータ前に設置されたご意見箱で収集している。投書数が少ないが、投書の管理と対応は適切である。アンケート調査が年1回実施され、分析が行われている。業務改善は組織的に行われており、病院の患者サービス向上委員会に健診部門も参加している。
 セーフティマネージメントおよび感染防止については、病院と一体でマニュアルが作成されており、受診者急変時の対応も整備され、職員への感染防止にも努めている。

3.人間ドック健診の質の確保

 スタッフ体制に関しては、常勤医師3名のうち2名が人間ドック認定医である。保健師の配置がなく、人間ドックアドバイザーの資格も医師のみであり、保健指導を行うスタッフの充実が望まれる。
 職員教育は病院全体で実施されており、健診部門も参加している。学会参加規程も病院と共通で、内外の研修に積極的に参加している。
 検査項目については、学会の基本検査項目を満たすコース以外に、独自の人間ドックコースも設定している。結果判定には病院の医師も参加し、専門的知識を有する医師によるダブルチェックがなされている。健診結果は画像も含めて、病院と共通の健診システムにより管理されており、過去3年間の履歴も容易に確認できる。
 検体検査のスタッフを増員したことにより当日結果説明の体制が整備され、前年度は低率であった実施率が、現在は80%を超えており良好である。午前中に血液検査・尿検査の結果について説明している。今後、全受診者が説明を受けられる体制や、説明内容の充実に向けて、更なる取り組みを期待したい。
 保健指導については、保健師が配置されておらず、医師による保健指導が行われている。管理栄養士による栄養指導は主に二日ドックの受診者に行われている。今後、専門職による指導体制の確立が望まれる。
 病院と共通の電子カルテがあり、自施設におけるフォローアップ体制は確立している。病院連携は病院全体で行っており、他施設とも良好な連携を行っている。精密検査の指示率は適切であるが、一方で実施状況の把握率が低く、今後の課題である。他施設受診者への積極的な受診勧奨など、実施率向上のための取り組みを期待する。
 追跡検査が必要な受診者に対しては、3ヶ月後、6ヶ月後のフォローアップリストが作成され、文書による受診勧奨がなされている。しかし受診率は低く、自施設の受診歴の確認など電子カルテの活用も望まれる。
 健診の有用性の検討については、人間ドック学会には毎年参加し、演題発表も行っている。今後も、定期的な発表の取り組みを期待したい。

<<<機能評価認定施設一覧へ戻る

PAGE TOP