日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • よくある質問
  • お問い合せ

総合評価・領域別評価

医療法人社団明芳会 池袋ロイヤルクリニック

総合評価

 池袋ロイヤルクリニックはIMSグループの健診専門施設で、池袋駅から徒歩3分のビル内に開設されている。
 年間受診者数は、一日ドック約13,000人、二日ドック約1,600人(継続受診率74.6%)、その他の健診が約11,000人である。本機能評価については平成17年に初回認定を受け、今回は2回目の更新審査である。
 前回の更新後に健診フロアが増設され、8階が女性専用フロア、10階が男性専用フロアとなった。受付から結果説明までがワンフロアで完結し、完全に男女の棲み分けができている。9階には脳ドックフロアも新設されている。ただし、プライバシーの確保の面では、一部の検査がオープンスペースで行われており、検討されたい。
 運営の基本的体制については、法人グループの体制に基づき、クリニックの理念・基本方針や事業計画が作成されている。組織運営は職長による管理会議を中心に行われている。個人情報の保護や関係法令の遵守、感染性廃棄物の処理等も確実に行われており適切である。
 健診当日の結果説明は、前回の機能評価受審時から取り組みがなされ、実施率が改善されていることは評価できる。一日ドックは7割の実施率であり、継続的な努力を期待したい。結果説明までの待ち時間対策として、マッサージチェアの配備やネイルサロンの提供などの工夫もなされている。
 管理栄養士による保健指導と栄養指導が行われているが、保健師による保健指導は行われていない。今後は健康運動指導士による運動指導を導入する予定もあり、各専門職による指導体制の充実が望まれる。
 受診後のフォローアップは、法人グループの総合サービスセンターを通して、受診者の環境に合わせた医療施設が紹介され、未受診者への受診勧奨も行われている。生活習慣病関連項目の追跡検査が十分に行われていないため、実施率の向上を期待する。
 総合的見地から、人間ドック健診施設機能評価の認定に値すると判断する。
 
 

領域別評価

1.施設運営のための基本的体制

 法人グループの理念の下に、長期展望に立ったクリニック独自の理念と基本方針が掲げられ、受診者の権利とともに施設内に明示され、職員や利用者に周知が図られている。事業計画も法人グループの中長期計画に基づき詳細に作成され、職長会を通じて職員に周知されている。
 組織体制は、業務に即した組織図と業務分掌が作成され、随時更新がなされている。定期的に職長による管理会議が開催され、それを基に必要な会議が組織されている。料金収受と会計処理は担当者が定められ、手順書により適切に処理がなされている。
 情報管理については、個人情報保護規定に基づいて管理体制が整備されており、パスワードによるアクセス制限や接続ログの管理など徹底が図られている。委託業務の契約書は適切に交わされ、定期的に評価がなされている。薬剤や診療材料は適正在庫量が定められ、日々担当者により検収がなされている。
 安全衛生管理については、関係法令が遵守され、各種行政への届出や防火訓練等が定期的に行われている。また、感染性廃棄物と個人情報関連書類の廃棄処理も適切である。
 企業と健保組合との契約書は適切に交わされており、毎月広報誌による情報提供がなされている。

2.受診者の満足と安心

 利便性に関しては、健診フロアは完全に男女別で、受付から結果説明までがワンフロアで完結しており、また脳ドックセンターがある9階へはエレベーター・階段でも移動出来る等、配慮がなされている。女性専用フロアは医師を含めたスタッフすべてが女性で構成され、受診者が安心して検査を受けることが出来る。フロアは明るく広さも十分で、快適な空間が提供されている。
 両フロアともコーディネーターが配置され、各検査の待ち時間が短くなるように受診者の流れをコントロールしている。全館空調管理されており、適宜加湿器や空気清浄機で微調整を行っている。また、結果説明までの待ち時間対策として、無料マッサージチェアの配備やネイルサロンの提供(有料)などが行われ、受診者の評判も良い。食事は金券を渡し、提携した近隣の施設で提供されているが、管理栄養士の関与が少ないので、外食の仕方などの情報提供が望まれる。
 プライバシーに関しては、呼出しは全て番号制で、各検査室も壁や衝立で仕切られ、ほぼ個室的な空間が保たれている。男性のX線検査は構造上操作室を経由しなければならないため、受診者同士が遭遇しないように案内や入れ替えに工夫がなされている。骨密度検査はオープンスペースで行われており、検討されたい。また、採血後のスピッツは机の上に一時置かれており、混雑状況によっては周囲から見えてしまうため、工夫を望む。
 検査は法人グループ内の委託ラボで実施しており、精度管理も適切である。検査機器の管理はマニュアルに沿って実施され、トラブル発生時の対応も確立している。
 業務改善については、受診者全員にアンケートを実施しており、定期的に業務改善委員会を開催して改善に繋げている。
 セーフティーマネージメントについては、定期的に医療安全管理委員会が開催されている。ビル全体での防災訓練に参加しており、受診者の急変時に対応する仕組みもある。感染対策はマニュアルに沿って実行され、インフルエンザワクチンは職員全員が受けている。

3.人間ドック健診の質の確保

 医師数は適切で、人間ドック健診専門医をはじめ、各専門医が従事している。医師以外の各職種も必要な人数が確保されており、管理栄養士が人間ドックアドバイザーを取得している。保健師資格を有する看護スタッフが在職しているが、保健指導等の保健師業務への関与を望む。
 職員教育は、年間プログラムを作成して実施しており、外部の学会や研修会に参加する仕組みがある。医師への専門的教育は、組織として体制を充実されたい。
 人間ドック学会の基本検査項目を満たしており、アンケート等で希望の多い検査を適宜導入するなど、見直しも図られている。検査の判定は、各科の専門医と担当医で二重読影(遠隔診断を含む)が行われている。
 健診結果は保管され、比較検討が容易である。当日の結果説明は、一日ドックで70.5%、二日ドックで96.5%の受診者に行われている。ほぼ全検査項目について説明されており、充実している。今後、全受診者が説明を受けてから帰宅できるよう、更なる取り組みを期待したい。
 保健指導体制は、10.8%の受診者に対して、人間ドックアドバイザーの資格を有する管理栄養士から栄養指導が実施されている。保健師による保健指導と専門運動員による運動指導は実施されておらず、今後の積極的な体制整備を望む。
 受診後のフォローアップについては、精密検査の必要な受診者は法人グループの総合サービスセンターを通して、受診者の環境に合わせた医療施設が紹介されている。未受診者への受診勧奨も行われている。生活習慣病の追跡検査が必要な受診者に対しては、返信状況の確認や未返信者への受診勧奨の仕組みがあるものの再検査の把握率は低く、結果の管理と次回健診への活用も含めて更なる体制整備を期待する。
 健診の有用性の検討については、法人グループ内の研究会へ参加しており、人間ドック学会への演題発表も積極的に行われている。

<<<機能評価認定施設一覧へ戻る

PAGE TOP