日本人間ドッグ学会

  • ホーム
  • よくある質問
  • お問い合せ

総合評価・領域別評価

公益財団法人 東京都予防医学協会 人間ドック

総合評価

 公益財団法人東京都予防医学協会は、昭和42年に開設された東京寄生虫予防協会を前身とした、伝統ある健診専門施設である。平成20年に当機能評価の初回認定を取得し、今回は初めての更新審査である。
 年間の受診者数は、一日ドック約6,900人(継続受診率80.0%)、その他の健診は施設内で約33,000人(巡回健診を含むと14万人)もの受診者を受け入れている。
 2階が健診専用フロアであるが、ドック受診者とその他の健診受診者とは、受付、更衣、待合が分けられており、混雑感はない。超音波や婦人科検査など一部の検査室は共有であり、また検査フロアが複数の階にまたがるため動線がやや複雑であるが、スタッフの誘導によりスムーズに検査が行われている。平成26年には人間ドック専用フロアの増築が予定されており、さらなる改善が期待できる。
 専門医による画像診断が適切に行われ、質の高い健診が提供されている。健診当日の医師による結果説明は100%の受診者に実施されている。説明項目は、胸部X線、超音波検査、生化学、心電図検査であり、今後更に充実することを期待したい。
 初回認定時に課題とされた、便潜血の要精密検査指示者に対するフォローアップ体制については、受診勧奨が積極的に行われ、精検実施率とその把握率が上昇しており評価したい。それ以外の検査項目についても同様な体制を構築されるよう期待する。
 総合的な見地から、人間ドック健診施設機能評価の認定(更新)に値すると判断する。

領域別評価

1.基本的事項と組織体制

 施設の運営方針は確立しており、理念および基本方針が定められ、院内やホームページに掲載されている。職業倫理に関しては、就業規則・セクハラ防止規定・倫理規定などの各種規定が整備されおり、管理体制は良好である。
 団体の事業計画は、年度毎の目標設定や中長期計画(平成26年の改築工事 等)が具体的に立てられ、評価や報告も適切に行われている。
 健診を行う組織体制は確立しており、スタッフ数は適切である。職員への教育体制は、各種学会や専門領域に関わる研修会への積極的な参加があり、職員のスキルアップをサポートする環境が整えられている。
 継続的な質改善については、各種委員会による取り組みが定期的に行われており、多方面にわたる検討と実践が進められている。一方、アンケート調査は、質問の内容や設置場所等の再検討を行い、回収率の向上に努められたい。
 企業・健保との契約関係は良好である。独自の機関紙『よぼう医学』の発行や、企業・保険者を対象とした催し『ヘルスケア研修会』、『健康づくり懇話会』の実施など、外部への保健活動、情報提供も積極的に行われている。平成26年の施設リニューアルに向けてさらなる受診者の獲得にも期待したい。
 地域での医療連携については、疾病別に紹介医療機関と協力体制が整えられており、円滑な連携システムが構築されている。

2.受診者の満足と安心

 各検査ブースは、個別に仕切られるか個室化されており、プライバシーが確保されている。声漏れや検査数値が外から見えることの無いよう継続的に配慮されたい。
 受診後のフォローアップについては、便潜血陽性の受診者に対して追跡調査依頼票を送付するなど積極的な受診勧奨が行われ、精密検査の把握率が初回認定時より上がっている。他項目の要精検指示者に対しても、積極的なフォローを望む。
 受診者の利便性への配慮として、検査動線が複雑になりやすいところを、スタッフの誘導によりスムーズに運用されている。また、チェックリストで受診者自身が検査状況を把握できるようになっている。各検査の混雑状況を把握するシステムが導入され、待ち時間の短縮が図られている。待ち時間を利用した管理栄養士や健康運動指導士によるグループ指導も行われ、当日に提供される食事の話などの情報提供がなされ、積極的な取り組みである。
 食事は弁当が提供されており、メニューは管理栄養士のカロリー計算に基づいている。

3.健診の質の確保

 検査ごとの担当者は、名札の着用と部屋の入口の掲示により明確にされている。乳がん検診、マンモグラフィ撮影、乳腺超音波、婦人科検診は女性スタッフにより行われ、女性に安心感を提供している。
 心電図、眼底眼圧検査、各種画像診断は担当科の専門医により行われ、ダブルチェック体制が取られている。肺がん検診は胸部CT検査も実施され、早期肺がんの拾い上げが期待される。
 受診当日に医師より結果説明が行われており、実施率は100%である。今後その内容を更に充実させるよう期待したい。結果説明の際に、必要に応じて医師から健康指導も実施されている。希望者は、保健師が対応する「予防医学相談室」を受けることが可能である。今後、管理栄養士等も関与した、結果に基づく指導体制の充実を期待する。
 内部精度管理、外部精度管理が積極的に行われ、良好な評価を得ている。検査機器の管理も適切で、バックアップ機を用意するなど万全の体制がとられている。
 感染管理はマニュアルが整備され、感染性廃棄物の処理も適切である。
 健診の有用性を検討するため、学会や大学、研究機関の調査に積極的に参加しており、学会発表も行われている。

4.運営の合理性

 検査項目やオプション料金は、受診者への案内書やホームページにわかりやすく掲載されている。窓口での収納業務、会計処理も適切である。
 情報管理については、データ別に担当者が定められ、アクセス制限や緊急時の対応マニュアルが整備されている。情報管理室への入退出はパスワードによる管理が行われ、安全確保も適切である。
 安全管理については、定期的に安全衛生委員会が開かれ、職員の健康診断や防災訓練も適切に実施されている。事故やインシデントの対応についてもマニュアルに基づいた安全管理に努めている。
 健診に関する統計資料は担当者によって作成され、事業計画や運営の見直しに有効活用されている。
 委託業務の管理については、業者別にチェックシート(評価表)を用いて公正な選定管理を実践しており、必要に応じて随時見直しも行っている。
 医療材料・薬剤の在庫管理については、担当者によって適切な管理が行われており、保管場所についても安全な場所を確保している。

<<<機能評価認定施設一覧へ戻る

PAGE TOP